2015年11月25日 (水)

舎弟でもある氏

2014063016372550215x185 我が相棒であり。先日、本当に驚いた様子で聞いてきた。「いや~、根岸さん、参りましたよ」どうしたの」「東京で、うどんを頼んだんですよ。立ち食いの讃岐うどん」「ふむ」「そうしたらですね、茹で上がったうどんだけ出てきたんですよ。

それで、一本食べてみたんですよ。味が全然ついていないんですよ。もう、どうやって食べるだ?と思って、回りを見ても、それを食べている人、いないんですよ」「で、どうしたんだよ」「しかたないので、醤油をかけて食べました」「じょばっとじゃなくて、ちゃちゃっとかけたか?」「ええ」本当に困ったんだろうな、こいつそう思うと面白いやら、可哀想やら。かなりの狼狽ぶりである。初めて遭遇した「生醤油うどん」に面喰ったんだな。

ぶっかけにして、出汁醤油でもあればよかったのにね。通は生醤油なんだよ。
それだけ慌てふためいたら、どんな味だったか覚えていないだろ。
みなさん、生醤油うどんって知ってました?
今から30年くらい前かな、結婚したてで、所帯は大阪で持った。
うちの両親と家内の両親と初めてドライブで香川に行った。
そこで食べたのだが、大根おろしと、もみじおろし、薬味お好みで
初めて生醤油うどんを食べたとき、衝撃だったな。
四国の麺食いはそうやってうどんの麺の美味さを味わうんだ。
パスタだって汁なしが主流だろ。中華だって、汁なし麺は普通だぞ。

2015年11月23日 (月)

なにかと堅めの内容

どうしてもというか、のブログ記事を書くことが多くなっていますが、普段はマンガなども結構良く読んだりします。某海賊マンガのような、あまりにメジャーなものではなく、マイナーだけど自分なりのツボにはまる作者とか作品のものをずっと追いかけて読むことが多いです。

そんな中で、最近知って何回も読む、というか眺めているのがこのマンガ「猫なんかよんでもこない。」です。実家では子供の頃から今に至るまで断続的に犬を飼うことはあるものの、猫を飼ったことはありません。母親がかなりの猫ギライであることと、家族の数名に猫アレルギーがあることが原因ですが、実は私個人は結構な猫派だったりします(笑)この作者の「杉作」さんは猫を題材にした作品が多く、10年以上前にメジャーな雑誌で連載されていた「クロ號」という猫マンガが結構好きで読んでいました。その後しばらく存在も忘れていたのですが、2ヶ月ほど前に神戸そごうの紀伊国屋書店でポップと共に平積みされていた今回の「猫なん」を見て、おお!と思いだし、電子書籍版を全冊買ってしまったのでした。

内容は、作者さんの若い頃から最近に至るまでの実際の人生をベースにした8コママンガが続いていくストーリーです。プロボクサーの夢を絶たれて数万円の貯金と猫二匹とだけが残された状態になった主人公が、猫と一緒にいろんなドタバタを経験しながらも、人生がなぜか上手く進んでいくようになります。ひょっとしたら猫が助けてくれたんじゃないか・・・そんなことをなんとなく感じさせてくれつつ、猫たちとの別れまでを描いています。なんかこんな風に書くとシリアスな感じに聞こえるかもしれませんが、独自のほのぼのした猫ちゃんの画風があいまって何度見ても気持ちが癒され、登場人物(登場猫?)の1人1人を応援したくなってきます。

2015年11月17日 (火)

これから頑張ってい

お久しぶりです!そして、はじめまして!事務局にな昇華在線ってドキドキの初投稿、、、きますのでよろしくお願いします。

諸事情により、しばらく蔡加讚更新できず申し訳ありませんでした。更新していない間も毎日10名以上の方が「ぶんごおおのキラキラこどもブログ」をご覧いただいていたことに驚きました。みなさんに感謝申し上げますとともに需要に応えていかなければと感じています。

平成27年3月31日をもってelyze減肥合併10周年を迎えた「豊後大野市」平成22年10月にはじまり5年目を迎える「ぶんごおおのキラキラこどもブログ」豊後大野市の魅力を少しでも知ってもらい、子育て支援に関する情報発信をしていきたいと思います
再出発第1回目は、「豊後大野市キラキラこどもプラン」の紹介です。

子どもをもつすべての家庭が安心して子育てができる環境づくりを総合的に支援するため、平成27年度から5か年を1期とする「第2次豊後大野市キラキラこどもプラン(子ども・子育て支援事業計画)」が平成27年3月に策定されました。子どもたちの幸せを第一に考え、地域全体で子育てを温かく支え合うまちづくりを目指していけるよう、ご協力をお願いします。

2015年11月16日 (月)

驚訝時間過得如此的快

人生如夢,幾許歡喜?幾改善橙皮紋度傷?回眸,一部廊橋遺夢,凝成點點沉香,在夕陽下,在寂寞時,靜靜的聆聽一朵花開的聲音,那種感覺好美,好美-----時光荏苒,春去秋來。驀然回首,不覺已人到中年!歲月以它飄逸的姿態邁著輕快的步伐,在不知不覺中走過了一個又一個年輪,就像一個頑皮的孩子,不經意間在臉上寫滿了滄桑。突然發現青春和年少時的夢想已逐漸遠去,感嘆中,在我們毫不知覺時,已從身邊悄然溜走!心裡不由得酸酸的,有種失落的感覺,因為太匆匆!

人到中年,才發覺青春足跡依酒店式公寓然是那麼的清晰!一路回望,曾經少不更事的我們是那麼的青澀,又是那麼的懵懂,天真裡透露著些許無知與輕狂。我們做著各種各樣瑰麗的夢,編織著許許多多旖旎的光環。青春的歲月漸漸遠去,那夢幻般的色彩也就彩漸漸淡去,於是,不再有許多迷幻的追求,不再有許多灸熱的渴望。激情與偏執都像潮水一樣退去,不急不躁成了生活的外觀,不溫不火成了性格的內涵。歲月帶走的,是許多的滄桑;留下的,是許多的眷戀;送來的,是許多的懷想;迎接的,是許多的憧憬!人生中,有許多美麗的東西,如詩的文字,給人賞心悅目的享受;如歌的意境,讓人夢幻般的沉醉;如花的芬芳,給人魂牽夢繞的眷戀,那怕一幅畫,一首歌,一份情,在每一個人的心中都是一抹無言的美妙。

曾經的日子,有歡笑也雪纖瘦有淚光,當然,在快樂之上,不必過多的要求錦上添花;失意時,也不用擔心雪上加霜。寂寞時,可以隨心所欲地去領略大漠孤煙,尋找千年的青苔,那曾是數不清的日子裡種植的夢想,即​​便遺憾,亦有所得。靜謐的秋色裡,讓月光流進心苑,在迷離間,於荷塘月色中輕盈筆尖,流蘇一輪放大的漣漪,不絕眼簾。

                                             

2015年11月12日 (木)

映画を観に行きました

先日、レイトショーでめちゃくちゃ怖能量水いと聞いていたので、いやだなあ、と思いながらポップコーンとコーラを買ってああ、こわい!いやだなあと思いながら席に着きました。一人で観に行ったので心細さはひとしおです。

夜だし、雨降ってたし、でもまあ、観に行能量水かなければいい事なのです。日頃、映画を観に行く習慣がないのですが観たいなとなんとなく思っていてちゃんと上映期間に思い出して、時間がぴったりと観に行ける回があって運命的に観てしまう映画がたまにあります。結果そのめちゃくちゃ怖い映画はほんとうに怖かったので2日間夜寝る時にうなされましたし、2日目は寝ている時に体調まで悪くなりました。すごい!怖い映画の効果よ!

毎晩映画の色々なシー能量水ンを反芻しては怖かったな〜と思いを巡らせていたのですがだんだんと怖かった以外の部分に焦点が合ってきました。

2015年11月 9日 (月)

若い出稼ぎ労働者

家といえば、私はあなたに私たちが今、村の状況能量水について話をする方法をあげます!数年前に、参加して、以上の500人を。その後、町の小中学校は、子供を持つ村の人々が都市と一緒に読むために、撤回し、村の大部分は今、あまりにも60未満の人を下に滞在し、すべての高齢者のためにされましたされています。

メアリーと強力な海は彼の能量水父に彼の母親は、都市に移動しました。低家賃住宅に割り当てられた彼女の家族は、ちょうど私が移動してきたとき、先週、家を移動しました。家族単位面積が大きすぎないですが、私が会うような家に住むことができると感じているが、キッチン、バスルーム、バルコニー、暖房して、良いです。ちょうど街の内側に、聞かない私たちの農村の人々を行うには、自分の家を設定しており、高齢者、子どもたちは熱のない一枚ではなく、寒い冬、夏に住んでいます。

低コスト住宅の問題といえば、私はあなたを能量水非難するつもりです。マリヤは家と同じ日、彼は名前を報告したが、今メアリーは新しい家、私たちは、リスト上の波数でリストを作りました。 2叔父は彼が次長ハウスを知っていたと述べたその時、それは助けを与えることができます。私はあなたが2叔父に数百ドルを接続することをお勧めので、彼はそのコンピュータは、運に依存し、お金をプラグが機能しないと言って、私たちの活動は、あなたがいつも聞いていない問題を与え、他のリストは、あなた唖然バーが出てきました!実際には、あなたの中の内部を知らない、メアリーは私に終わりを露出したその天才を与え、彼の家族は、低コストの住宅クォータのために戦うと述べ、それ以上の800元を過ごしました!今、私は物事を費やす必要がやって今日にこのコミュニティを考え出した、私は低家賃住宅のグループは、私たちは今すぐ登録していき、来年三月に聞きました!私はのは低コスト住宅のクォータに戦うわけにはいきませんとは思いません。

2015年11月 4日 (水)

確實是相當美味的佳餚

他們每個人都端著“青花瓷碗”,香噴噴的鑽石能量水米飯上麵攤著媳婦特別煎的雞蛋,這是女人們特意犒勞她們的男人,對他們一天辛勤的勞作表示愛憐。那雞蛋都是用油炸透的,金黃色的雞蛋,他們都坐到各自家的竹床上,天上掛滿著星星,還眨也眨的,皎潔的月光撒滿大地,勞累了一天的人民在晚風習習中享受著這份晚餐。

他們一邊津津有味地吃著,細嚼慢吞,一邊跟旁邊鑽石能量水的自家兄弟或長輩們談論著自己家田地農作物的長勢,一邊向經驗豐富的老農討教一些關於作物病蟲害的相關知識,以及防治要領。自家的孩子還拿來扇子給老爸扇搧風,還有的給老爸撓撓痒,在歡快的交談聲中,一大碗飯不知不覺地吃完了,自家的孩子此時會很自覺地幫父親拿走碗筷,然後從家裡端來一杯白開水和父親的旱煙袋。

男人們吃過晚飯後,拿起腰鑽石能量水間的旱煙棍,燃起自己捲起來的草紙小圓棍,抓起一點黃煙,放在旱煙棍的小洞裡,那小小的黑洞早就染成了黑色,男人們狠狠地吸了一口,裊裊地升起了一股青煙,他們那清一色的古銅色的臉上是一份愜意與快樂,有道是飯後一支煙,快樂賽神仙。一袋煙抽完,一杯熱茶下肚,一天的疲勞也消失了一半。

2015年11月 2日 (月)

過去の影を織り

塗装床遠く曲、思考が到着しましょう​​。枝に月銅鑼灣髮型屋中に霧の雨カール、中、グリルの枝を下に刺繍の花の意味を浅い点滴を欠場する嘘をドレープ、ミミ、喜び、再び、あなたは、このような、荷物の時間の守護者に到着するために、独自に住み、あなたが住んで生活する年の汚れ、その後、詩、風の寝具、ちょうどそう道路上の、静かなを植え参加するためにすべての方法についてのように、......記憶を思い出します静かな散歩、古いまで!

ダストは、ちょうどいい時間を決済すると、すべてがちょうどい鄭州旅行團いです、すべてがちょうど、夢を拾う赤い影の小窓、来月、夜に点灯する、ペアで、星を拾うをカットし、知人の以来示す兆候を考え始めました、またはこれは、緑の水の横側橋梁、道路上の石、である;または、雄大が読み取られ、海の低下を待つために遠くの音を待って、その後、詩に隠されたメモリのほこりを、洗浄するために水を西湖洗います深い種にアブリン微妙1。

ゆっくり、波ウキクサ、そのデッドエンドのips 韩國 整容価値は、空の完了を残し、キャンドルアカシア枕揺れるいつか夜を、リモート長い秋を読んで、岩に座る、晩秋、ペインテッド床離れ曲、思考が到着!

2015年10月30日 (金)

の航跡を見たくなって

ついこの負離子直髮前の夜9時前、国際宇宙ステーション(ISS)へ補給物資を運ぶ「こうのとり」5号機が種子島宇宙センターから打ち上げられました。

滅多に見られないロケット染髮焗油の切り離しの瞬間や、夜空
外で待ってると、赤い炎を噴きながらゆっくり昇ってきました。ISSから撮った油井さんの台風15号の目は大きく、その台風が近づいているのに、嵐の前の静けさでしょうか、蒸し暑い日になっています。

ここ数日は明日の校区運動会の準備に追われて、猫の手も借りたいくらいの忙しさとなり、景品の買出しや、その仕分けをしたり、今日は昼から会場の設営に汗を流してきました。校区の一大イベントらしく、2トントラックと4台軽トラが満杯になって協賛金が多く集まったお蔭で豪華な品数になりました。天気は良さそうなので、後は参加してくださる皆さが、熱中症になったり怪我人なしで終えてくれた家用健身器材らと思っています。

2015年7月14日 (火)

幽香的梅林荷院

我用心感受這一池荷花瑪姬美容飄香的欣悅時刻,靜坐在蓮塘小石,淩晨的四周萬籟俱寂。我的愛,在一縷纏綿的無邊無際的思念裏,沁潤著遠山近水一灣荷塘裏飄來的幽幽蓮香,我賞心悅目地享受著一份蓮香和荷語相互交融的相思。於是,梅林的相思情愫在荷香流淌蔓延的端午節裏,悠悠泛動,思念遠方嫵媚多姿的你,在梅林一灣荷塘的心中靜靜穿梭;我為你
輕輕地,打開一扇心窗,悄悄的漫瑪姬美容去印賞著遠處一灣荷塘岸上飄來的陣陣蓮香,此時此刻的我,帶著一種對你溢滿多情嫵媚的相思和牽掛,輕輕地把思念駐足在流連的荷塘,我讓一縷蓮香緩緩流過荷塘裏。夏日的一縷清風吹來,飄入這一灣梅林荷院,於是一枚枚姹紫嫣紅芬芳的荷花芳菲蔓延,一抹抹沾滿荷韻花香的情思在梅林輕舞,染紅了一灣荷塘岸上梅林
悸動的思緒;我於一抹淡淡的荷香蓮韻裏,讓一顆心漸漸安靜下來,情不自禁地我把多情的心,踏向你嫵媚的一灣蓮塘,努力尋找著你我曾經於生命中留下的那一道道山盟海誓的相思;因為,我深深地知道在那一扇不曾開過的心門之內,我們的愛遙遠彼岸,猶如這灣梅林荷塘,青春年少的你我用一雙溫情的眸光在最絢爛的靜坐蓮花期盼守望
天涯海角,地老天荒,我的情在瑪姬美容暗瘡這個多情多雨的夏季,在這一灣蓮塘岸為你,唯只為你輕舞飛揚。我的愛,在蓮花嬌豔欲滴的蕊上,為你悠然綻放。心相你,夢系你,一枚枚晶瑩剔透的蓮花為你馥鬱芬芳。因為有夢,夢中有你,我的相思情感賦予了更多沾染紫晶瀲灩相思情愫的嫵媚;因為有你,梅林的內心世界盈滿了數不勝數的相思豐盈,因為你,這一朵朵嫵媚而又多情的蓮花,在梅林的一季蓮花盛開裏泛香成一闕闕美麗而浪漫的青春詩行。

«生命,猶如樹葉一樣